スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

褒めて伸ばすかスパルタか?


昨日は新年2回目の稽古をしました。

次の日曜日は雨でなければ寒稽古ですから風邪をひかないようにして下さい。

たくさんの参加をお待ちしていますので、お時間のある保護者の方は面倒でも連れてきて下さい・・・お願いします!!

さて、今年はホントに子供達を伸ばす事に専念したいと思っているのですが、どうしたら子供達のやる気が出るか?

スパルタがいいか?褒めちぎりがいいか?で迷っています。

以前は、悪ふざけを一人がすれば全員で腕立てと言うルールがありました。

最初は効果があったのですが、やがて“横断歩道みんなで渡れば怖くない”の発想が生まれるのか?人の迷惑顧みずでふざける子が出てきました。

そのため、昨年からルールを変えて、悪ふざけしたら一つ後ろに下がってもらう、それでも駄目なら稽古しないで最後まで正座で見学してもらうようにしました。

このルールは効果てきめんです!

子供は競争心があるので、後ろの列イコール級が下と言うのが嫌みたいです。

また、基本的に子供は元気をもてあましているので正座でじっとする事が大の苦手です。

このまま真面目に稽古してくれれば、誰もが上達出来ると確信出来ました!

ところが、子供にとっては遊びが減ったのでつまらないと言い始めた子が数名います。

子供はうつりやすいので一人が言いだせば他の子も言い始めます。

ここは道場だから遊びに来てんじゃないよと言ってはいますが、そのうち空手に行きたくないとダダをこねる気がします!

そうなると、入会時に厳しくお願いします!精神を強くさせて下さい!!と言ってた親も、子供の涙に負けて空手を辞めさせてしまう・・・これが現実です!!

親も弱くなっている時代です。

保護者も一緒に空手をやってみませんか?



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

2014.01.09 | | ブログ

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。