スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

強みは磨き、弱みはおぎなう

人には得手不得手があります。

蹴りが得意な人もいれば突きが得意な人もいる。

両方得意ならいいのですが、そうはいかないものです。

最初にやるべき事は、得意なものは磨いて自分のものにする事で強みになります。

ある程度、ものになったら、不得意な事も補うようにします。

稽古を見ていると、得意な事は一生懸命やるのに、不得意な事からは眼をそむけてしまう人もいます。

それでは、いつまで経っても、そこから先がないままです。

得意技ばかり使っていれば、いつかは通用しなくなる。

通用しなくなった時に自身を守れるのは不得手をなくす事です。

また、人が蹴りが得意なので自分も蹴りを磨くというやり方も遠回りする事があります。

人は人、自分は自分です。

同じ事をしたからといって、その人を抜く事は出来ないかもしれない。

人が出来ない事を伸ばす事が重要なんです。

もう一度、自分自身をよく観察してみましょう!


2014.03.20 | | 空手上達法

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。