反撃のタイミング

組手のスタイルを分けると、積極的に攻めるタイプと相手の攻めを待ち反撃するタイプに分かれます。
サバキは、どちらかというと、後者になりますが、実際には待つ事ではありません。
攻撃を待ち、受けようとすると、気持ちが後手に回ってしまい、反撃のタイミングを逃してしまう事があるからです。
それを防ぐには、防御が攻めになる方法が必要です。
例えば、同じ身長くらいの相手の攻撃が届く時は、自分の攻撃も相手に届きます。
その場所、相手の攻撃が止まった後に反撃をしても、距離をとられて届かないかも知れません。
しかし、相手の攻撃を交わすと同時に反撃、または攻撃に変わる受けをすれば、こちらの攻めは届きます。
そこで、重要なのが、正対しない事なのです。
受け即ポジショニング、場所によっては相手のスタートを読み、ポジショニングしながら受け交わすのが反撃のタイミングなのです。
詳しくは稽古で習得して下さい!

2018.06.18 | | 空手 カラテ KARATE サバキ

«  | HOME |  »